Paving the way ―未経験から英語×ITを実践!―

はじめまして。私コスモルート東京本社に入社して1年4ヶ月程経つシステムエンジニアのAです。

私はコスモルートに入社して以来、英語でコミュニケーションをとりながら外国人たちと仕事を進めるブリッジシステムエンジニアとして各案件に参画しています。
もともとはIT未経験でしたが、コスモに入社し各案件に参画していく中で、業務系ブリッジSEとしての役割を果たせるようになってきました (もちろん、まだ至らないところもあるかとは思います^^;)。
そのため、これからお送りするコスモルートのブログでは、今までの私の業務経験やそれに関連する話を月1回のペースで投稿します!

記事の具体的な内容としては、

・実際にどういったシーンで英語が必要なのか
・業務中に英語コミュニケーションで苦労した話&どうのりこえたか
・業務と並行して英語力を研鑽することについて。TIPSなど
・これから英語を仕事の中で武器として使っていこうと考えている人へのメッセージ

といった仕事で必要な英語の話から、

・異文化コミュニケーション
 ・ハイコンテキスト/ローコンテキスト
 ・空気の読み方
  etc…
・国籍を超えて共通する、ヒトの性格の多様性

といった、育った環境が異なる人と協調しながら働くために知っておいた方がいいトピックを考えております。

また、これらの記事を読むにあたり、書き手はどんな人だろうと疑問に思うかと思いますので、私自身について簡略に自己紹介させてください。

私は日本生まれ日本育ちの生粋の日本人で、大学入学時点では英語は話せず、外国人との交流も全然ありませんでした。
ただ、大学生時代にオランダに1年弱交換留学し、英語の授業と大量のグループワーク課題をこなしながら何とか英語を話せる・聞き取れるようになったと共に、寮生活や課外活動を経て外国人の友達がたくさんできました。
この留学を機に異文化コミュニケーションに興味を持つようになり、有難いことに大学卒業後から今に至るまで様々な国籍の人とオフライン・オンラインで働く機会に恵まれてきました。
こうした職場環境の中で、どうすれば英語(特にスピーキングとリスニング)を上達させることができるのか、どうすれば育った環境が違う人たちと仲良くなれるのか、または協力しながら業務をこなしていけるかについてたくさん考え、時には書物やネットで調べながら今でも試行錯誤し奮闘しています。

このような経験をふまえ、私もまだまだ道半ばではありますが、仕事で外国人と英語でコミュニケーションをとることに苦労している人や、将来はグローバルな環境で働きたいと考えている人にとって役に立つような情報を、このブログで発信していけたらと思っています!

これからどうぞよろしくお願いいたします!

第2回目の記事こちらです。

オランダの上空からの景色