弊社秋元が執筆に参加した書籍が、3/23に発売されます!

こんにちは、株式会社コスモルートの西田です。

2021/3/23に発売される、弊社営業企画部の秋元隆が執筆に加わった書籍のご紹介です。

経営のイロハをDX化する「開発しないシステム」導入のポイント: パッケージで、管理業務を早く・安く改善

DX(デジタル・トランスフォーメーション)は、どの業界でも喫緊の課題となっています。
こちらの書籍では、余計なコストをかけないスピーディなシステムの導入について、そのポイントを説明しています。
これからの開発のあるべき姿を考慮する際に、大変役に立つ内容です。

執筆者の一人である、弊社の秋元から「執筆への想い」が届いております。

執筆への想い


 本書は、パッケージシステムの導入において、個別のシステム機能要件や業務とのギャップ部分を追加開発で補う、「日本型のシステム導入手法」を取り上げています。
 ムリ、ムダな追加開発への問題提起から、実例や失敗例を交えて「開発しないシステム」導入のメリットとポイントが書かれています。 
 私は前職で国内大手メーカー系SIerにて、全国のユーザへの基幹系業務システムの導入提案活動を行っておりました。 
 5年ほど前の話ですが、当時はクラウドの活用や、モバイル端末のビジネス利用等、テクノロジーの進化を感じることは多くあるのに、いざそれを企業に導入するとなると、その導入手法は過去のものから大きく変わっていない印象を持っていました。
 過去の導入手法とはつまり、要件定義を行い、設計、開発、テストという流れのいわゆるウォーターフォール型のシステム開発です。
 2021年現在も、パッケージシステムをベースにこのような工程を経て導入されるシステムが少なくないと考えています。 
 私も当時はこれが当たり前と思っていました。
 「追加開発を行わない」「極力業務をシステムに合わせる」という方針を掲げたプロジェクトをいくつか経験しましたが、気が付くと、この方針はどこかに忘れ去られ、現場からの細かい機能要望に対する追加開発の仕様を詰める打合せを行っている、ということも珍しくなかったからです。 
 2018年ごろより本書の略歴にも載せていただいた、パブリッククラウド型のERPであるSAP S/4AHANACloudのセールスを担当することになり、いままでの「Fit&Gap」ではなく、「Fit to Standard」による導入方式を学びました。
 「Fit to Standard」は、数多くの標準機能の中から必要なものを組み合わせて使うSAP S/4HANA Cloudの導入方式のことです。
 国内での前例がほとんどない導入プロジェクトだったため、大変なことも多くありましたが、改めて「開発しないシステム」の有用性を認識しました。 
 現在のコスモルートへ転職した後に著者の広川様とお会いし、上記の経験から「開発しないシステム」に強く共感し、共著者として参加させていただくこととなりました。

amazonでのご予約・ご購入は、こちら

是非ご一読ください!

書籍情報

経営のイロハをDX化する「開発しないシステム」導入のポイント: パッケージで、管理業務を早く・安く改善

広川 敬祐 編著
大場 みち子 監修
木村 俊一 監修
板井 実 著
緒方 瑛利 著
髙橋 昌太郎 著
倉本 真司 著
東 義弘 著
秋元 隆 著
渡辺 康雄 著
植木 貴三 著
上條 英樹 著

発行日:2021/03/22
A5判 / 276ページ
定価:3,300円(税込)
ISBN:978-4-502-37301-5

お問い合わせはこちらからお願い致します。