レジャー同好会って何?

皆さんいかがお過ごしでしょうか。コスモルートのSHです。
今回はコスモルート社員同好会のうち、レジャー同好会についてお話させていただきます。

◇レジャー同好会発足

実はレジャー同好会発足前からチーム内で定期的にバドミントンをしていました。
このバドミントン開催を続けていくうちに参加メンバーが増え、定期開催も定着してきたので、同好会にしてさらに活動の幅を広げようということで2019年にレジャー同好会を発足しました。
ではなぜ“バドミントン同好会”ではないのか。
それは定期開催していたメンバー間でバドミントン以外にもバレーボールや、冬にはスノーボードと様々なアクティビティをしていたので、バドミントンに限らず、季節に応じた活動をしていきたいということで“レジャー同好会”という形を取らせていただきました。

◇これまでの活動

同好会発足からもうすぐ2年が経とうとしています。
現在はコロナ禍ということもあり、活動を自粛しております。何とか再開するために感染対策等を検討中です。
なので、今回はこれまでレジャー同好会がどのような活動をしてきたかを載せていこうと思います。

◇バドミントン編

バドミントンは手軽にできるのと体育館が事務所近くということもあり、週1回のペースで活動していました。
会場となる体育館は予約が取れたところでというスタンスなので、雰囲気、照明の違いなどが味わえています。(毎回に次の予約をしておけば良いのに、なぜしないのでしょうね・・・。)

シャトルは羽がナイロン製でないものを使用。やはりナイロンでないものだと打った時の音、重みが実感しやすく、よりバドミントンを楽しめますね。
バドミントンのあとは行きたい人だけで腹ごしらえに行くこともあります。運動のあとの餃子は格別でした。

◇スノーボード編

バドミントン以外にも冬にはスノーボード(もちろんスキーもOK)をしに雪山へ遠征していました。(遠征と言っても日帰りですが)
同好会でスノーボードに行き始めた頃の私はまだスノーボードを始めて2回目で、お尻がすごく痛かったことも良い思い出ですね。
参加者は同好会メンバに限らず、社内で行きたい人を募っていくことが多いです。始めてという方でも参加しやすく、楽しめる雰囲気なので、毎シーズン参加者をドシドシ募集しております。

(会長のショートスキー、めちゃくちゃ格好良かったなー)


遠征先は事務所がある滋賀県の奥伊吹や、岐阜のウイングヒルズへ行くことが多いです。
大体近場で行うことが多いのですが、たまには広いコースが楽しめる場所にも行ってみたいものですね。福井とか。

◇今後の活動

このコロナ禍はおそらくまだまだ続くことと思いますが、その中でもしっかり感染予防対策を取りつつ、参加者が楽しめるようにしていきたいと考えています。
いち早く同好会として活動を再開できるよう頑張ります!!