コスモルートの特別休暇

こんにちは、コスモルートの西田です。

寒い日が続きますね。いかがお過ごしでしょうか。

今回は福利厚生のご紹介です。
これまでお伝えしたものこちらです。
当社の福利厚生―合格一時金制度―
当社の福利厚生―互助会―
当社の制度―フレックスタイム制―
エンゲージメント・サーベイのトライアル導入を実施しました。

今回は、「特別休暇」についてお伝えします!

■特別休暇とは?
有給休暇とは別に取得できる休暇で、内容は様々です。
他社にも「慶事」や「弔事」などにまつわる特別休暇があるのではないでしょうか?

■コスモルートの特別休暇
コスモルートでは、以下の場合に対応した特別休暇を設けています。

・本人が結婚したとき
・妻が出産するとき
・父母、配偶者および子が死亡したとき
・祖父母、兄弟および配偶者の父母が死亡したとき
・長期勤続休暇を使用するとき
・女性社員が出産するとき
・生理日の就業が困難なとき
・育児介護休業をするとき
・裁判員(候補も含む)に選任されたとき
・その他前各号に準じ会社が必要と認めたとき

 「慶事」や「弔事」以外のものもいくつかあります。
すべてが有給休暇ではなく、無給のものもありますが、長期入院で有給休暇を使い切ってしまった後に、裁判員に選任された!なんてことが起こらないとも限りません。裁判員に選出されるとよほどの理由がない限り辞退できないのですが、そんな場合でも安心ですね!
ちなみに「裁判員等に選ばれる確率は,全国で1年あたり,全有権者の8,700人に1人程度(約0.01%)」※だそうです。


 「長期勤続休暇」とは、長期にわたり勤続した従業員に対し、心身の活力を維持し、及び増進することを目的として付与するもので、勤続年数に応じて、5日、10日、15日の連続休暇を取得することができます。分割して取得することはできません。5日の連続休暇があれば、コロナ禍でなければ、ちょっとした旅行ができちゃいそうです。
 最後の「その他前各号に準じ会社が必要と認めたとき」ですが、2021年には「ワクチン接種時、副反応発生時」に対応する特別休暇が追加されました。世間の動きに合わせて臨機応変に対応しています。

今回は、コスモルートの特別休暇について、ご案内しました。
毎日、しっかり働くためには、どう休息・休暇をとるのかが重要です。
皆さんは気になったものはありますか?

※法務省「Q8 裁判員等に選ばれる確率はどれくらいですか?」
https://www.moj.go.jp/k/saibanin/08.html (2022/01/14参照)