Paving the way – 未経験から英語×ITを実践!ー苦労話②

こんにちは!システムエンジニアのAです。

前回はブリッジシステムエンジニア業務での苦労話①として英語の訛りについて書かせて頂きました。
今回は2つ目の苦労話として、時差について書こうと思います!

ちなみに、以下が今後の苦労話のスケジュールです。

英語の訛り ←前回
・時差 ←今回
・通訳
 · 日本語の難しさ
 · IT系の知識や経験不足
・異文化コミュニケーション
 · 業務を抽象→具体に進めるか、具体の視点のみで進めるか

【時差】

異なる大陸の人とチームで働く上で直面するもののどうしようもない問題、時差。

例えば現在私が参画しているプロジェクトの場合、私たち日本のチームはアメリカの東海岸に住んでいる人たちと働いています。

この2チームの場合、アメリカ東海岸側のタイムゾーンは日本より16時間遅れています。

例えば、日本時間の5/20 15:00(勤務時間)は、彼らの5/19 23:00(勤務時間外)です。

さらに曜日の視点で見てみると、日本時間の月曜日は彼らの日曜日、土曜日は金曜日となります。

つまり、彼らとリアルタイムでコミュニケーションを取れるのは、日本時間の火曜~金曜の午前中とお昼過ぎまでということになります。

ただでさえ言葉やビジネス文化が違うので密にコミュニケーションをとらなければいけないのに、その時間が限られてくるわけですね。。。

私たちと一緒に働いているアメリカのメンバーたちは日本のチームのために業務時間を少し後ろ倒しにしてくれていますが、それでも完全に一致させることはできません。

この問題は日本とイギリス、ヨーロッパ間で働くチームにも同じことが言えそうです。

2国間だとまだそれぞれが勤務時間を擦り合わせることができるのでいいのですが、日本、ヨーロッパ、アメリカみたいなそれぞれの時差が8時間になるチームの場合はどうするのでしょうね。。

長期休暇にも注意!

また、日単位の業務時間のズレ以外にも、長期休暇のズレも考慮しなければなりません。

例えば日本にゴールデンウィークがあるように、中国やベトナムには2月上旬に旧正月、ヨーロッパは8月にサマーホリデー等、各地域の文化に根付いたお休みがそれぞれの国にあります。

この期間中はチーム全体が業務をストップしている場合が多いので、何か承認をもらいたくても、また、ネクストアクションを相談したくても何も進めることができないとみておいた方がいいです。

これらを踏まえると、日本人たちが国内でチームとして働くよりも離れた国の人々と働く方が、年間を通して非常に時間が限られているのです。

対策

この時間制限の問題については、コミュニケーションの取り方を工夫せざるを得ません。

私の場合、以下3点気をつけています。

① お互いの勤務時間内になるべくリアルタイムで会話する

言うまでもなく、書くより話す方が早いです。

困ったことがあったらすぐに個別で電話・オンラインミーティングを設けることをお勧めします。定例会でいっきに会話するのもアリですね。

② メール・チャットでの相談、Q&Aを密にする

リアルタイムで会話しきれなかった部分ですが、こちらはライティングベースで認識を擦り合わせていくしかありません。

また、リアルタイムでの会話をより生産的にするために、重要でない事柄はメール・チャットで確認する取捨選択も必要です。

私の場合ですが、アメリカチームとの定例会でより重要な事柄が口頭で議論できるよう、事前にチームメンバーから議題を募り、チャットで済ませられる議題はチャットに回し、重めの議題を定例会のアジェンダに入れるようにしています。

③ 依頼事項の締め切りを明確にする

当たり前のことですが、これもとても大事です。

締め切りを提示しなくても相手は1日以内に対応してくれるだろうと期待するのはおすすめしないです。

これは実際にあったことなのですが、ある日本側のメンバーが日本時間の金曜夕方(アメリカ東海岸は木曜深夜)に、アメリカチームのPMにやや急ぎ目で回答してもらいたい質問をチャットで投げました。

この時彼は、PMが1日以内に回答をくれる、つまり日本側がお休みの土曜日はまだアメリカは金曜日なので、返信をしてもらえると無意識に予想してしまいました。

ところが、アメリカチーム側のPMは立場上忙しく、来週返信しようと思い、彼ら時間の金曜日に返信をしませんでした。

そして当の日本人メンバーは月曜日にパソコンを開いたものの、返信が来ていないことに気づき、焦ってリマインダーを送っても向こうは日曜日なので何も反応はなく、結局火曜日まで待つ羽目になりました。

このように無意識に即対応を期待してしまい、締め切りを提示しないままお願いをすると、時差の影響でより遅れが増幅してしまうことがあるので、注意が必要です。

以上3点が私がとっている対策でした。

いかがでしたでしょうか?

おそらくメンバー間で時差があるチームではよく取られている対策かとは思いますが、もし取り入れてないようでしたらぜひ試してみてください!

次回は3つ目の苦労話について書こうと思います。

お楽しみに!

Paving the way過去記事はこちら↓

Paving the way – 未経験から英語×ITを実践!ー苦労話①

Paving the way―未経験から英語×ITを実践!―ブリッジシステムエンジニアとは?

Paving the way―未経験から英語×ITを実践!―

Paving the way – 未経験から英語×ITを実践!ー苦労話①

こんにちは!システムエンジニアのAです。

前回はブリッジシステムエンジニアの仕事内容について記事を書かせて頂きました。
その記事の最後に、ブリッジシステムエンジニアとして仕事をしている中で直面した、大変だったことをチラッと頭出しましたが、今回からは業務で個人的に苦労した話と、それぞれに対して(自分なりに編み出した)対応策を書こうと思います!

海外の人と働いたことがある方には、「あるある」と思いながら、また、これからグローバルな職場で働きたいと考えている方にはちょっとした心の予防策として読んでいただけると幸いです。

まず、私が個人的に大変だった/今も大変だと感じていることを以下にざっと挙げてみますね。

· 英語の訛り
· 時差
· 通訳
 · 日本語の難しさ
 · IT系の知識や経験不足
· 異文化コミュニケーション
 · 業務を抽象→具体に進めるか、具体の視点のみで進めるか

ブリッジシステムエンジニアの業務から派生するので、当たり前ですが、英語でのコミュニケーションに絡む苦労が多いですね。
上記のそれぞれを詳しく書いていくと記事のボリュームが大きくなってしまうので、今回は一番上に書いた英語の訛りについて書いていこうと思います。

【英語の訛り】

これは英語を第二外国語として話す人とコミュニケーションをとる上で、一度は苦労することではないでしょうか。

職場によるとは思いますが、英語でのコミュニケーションが必要な職場にいるのはアメリカやイギリス、オーストラリアといったネイティブの人たちだけではありません。
非ネイティブ圏出身で英語を第二外国語として話す人もいます。

話者人口比を考えるとおそらく後者の方が多いでしょう。

国際色豊かな職場の「音」とは…?

相当訓練を積んだ人でない限り、第二外国語としての英語は母語の発音の影響を受けます。

例えば日本人は「r」の発音ができない、と言われますが、これと同じことが他の非ネイティブ圏の人たちの英語にもおきます。
例えばインド人は(インドは公用語が多数あるのでその人の母語にもよりますが)「r」の音が巻き舌っぽかったり、中国人は「sh」など子音の音が強く、母音が弱く聞こえたりします(あくまで個人の感想ですが)。

ところが、私たち日本人が学校で英語を習う時にリスニングで聞くのは、ネイティブの英語です。
国内の英語の試験や公共放送もネイティブの英語です。

そうなると、耳がネイティブ向けの英語にしか慣れていない状態になってしまいます。

なので、訛りのある第二外国語としての英語を聞くと一部が聞き取れず、例えば、「I can submit the document to you by ///.」と相手に言われて、「うわ、一番大事なところが聞き取れなかった…!なんて言ったんだろう!?」とか一瞬考えている隙に、相手が2文目、3文目を話し終えてしまい、結果的に動揺しなければ聞き取れたであろうはずの箇所を聞き逃す、
なんていう事態になるわけですね。。。

この問題に対して、私は普段2つの対策をとっています。

【1つ目の対策】相手の英語の発音に慣れること。

経験上気づいたのですが、相手の英語訛りが独特で聞き取れない箇所が多くても、何度もミーティングや会話を重ねると聞き取れるようになります。

なので、最初は聞き取れなくても落ち込むことなく「まあそのうち聞き取れるようになるでしょう」ぐらいのかんじで構える。

そして、それでも聞き取れないところは「Would you mind repeating again?」や、もっと具体的に「You can submit the document to me by when?」みたいな感じで聞き返しています。
そう言えば相手ももっと簡潔に、もしくは少しゆっくり話してくれるので、聞き取れなかった箇所もクリアになります。

それでも聞き取れなかったら挫けずもう1回聞いています!笑

ちなみに余談ですが、この「You can submit the document to me by when?」という文章、「By when can you submit the document to me?」じゃないの?と思った方もいると思います。
「By when can you …?」は相手がまだいつ提出するかを伝えていないニュアンスが出ます。
例えば相手が、「I can submit the document to you soon.」と伝えてきた場合などに使えますね。
一方「You can submit … by when?」という表現は、既にいつ提出するかを一度明示しているが、こちらが聞き取れなかったというニュアンスが出るため、後者の言い方の方が今回の場合だと自然です。

【2つ目の対応策】相手が話したことをディクテーションし、その聞き取った内容を相手に見せること。

私の場合、普段のオンラインミーティングでは自分のパソコンのスクリーンを投影することが多いです。
その時にOneNoteやメモ帳を開き、相手が話したことをほぼ同時に書き出しているので、相手も自分の話したことが私にどう伝わったことを知ることができます。

この方法をとることで、例えば私が聞き取れなった箇所や聞き間違いをした箇所に指摘・訂正を入れてもらうことができるわけです。

ちなみに私の場合このディクテーションの時は相手の発言を一字一句丁寧に聞き取っているわけではありません。

基本的に相手が話すスピードの方が速いので、省略形を多用しながらメモみたいな取り方をしています。
例えば、Nancyが2月1日にドキュメントを提出できる、と言ったのであれば、「N can submit the doc to me 2/1」みたいなかんじです。
なんとなく、意味はわかりますよね。

あとは、ミーティング中は別の参加者がスクリーンを投影していることもあるので、そういった部分はミーティング後作成する議事録で発言者に確認をお願いしています。

以上2点が、私が普段とっている対応策でした。

もちろんこれらの対応策を読んで、いや、そもそもネイティブの英語ですら聞き取り切れないんですけど…、英語を聞き取りながら書き起こすなんて無理なんだけど、と思われた方もいらっしゃるかと思います。

わかります。
かくいう私も最初は全然できませんでした。

やはりそれなりの反復練習は必要になりますが、このあたりもまた別の記事で書ければいいなと思っています。

最後に大切なことを1つ

少し脱線しますが、自分が話す英語の発音にも意識を向けましょう。
やはりネイティブの発音に近い方が聞き手にも聞き取りやすいですし、発表者やミーティングのファシリテーターなどに採用されるチャンスが高くなります。

まあ、かくいう私も she と see の発音が一緒になっているのをこの前指摘されましたし、母音の/æ/や/ɒ/の音を区別して発音できているのか怪しいのですが。。。

以上が、1つ目の苦労話でした。

いかがでしたでしょうか?次回は2つ目の苦労話と、字数の余裕があれば3つ目の苦労話についても書いていこうと思います!

お楽しみに!

Paving the way―未経験から英語×ITを実践!―ブリッジシステムエンジニアとは?

こんにちは!システムエンジニアのAです。

前回はこの英語×ITブログを始めるにあたって、簡単に自分のことを紹介させていただきました。
今回は、コスモルートに入社してから現在に至るまで、ブリッジシステムエンジニアとしてどのような業務をしてきたか、紹介させていただきます!

ブリッジエンジニアとは???

まずブリッジシステムエンジニアと聞いて、皆さんはどのようなエンジニア像が浮かびますか?

…外国人エンジニアと英語でコミュニケーションを取りながらシステムを開発する人?
…日本と海外を行き来しながらプロジェクトを推進していく人?

おそらくいろいろなイメージがあるかと思いますが、ひとまずWikipediaを見てみると、以下のように定義されています。

『グローバルなプロジェクト環境下において、ITと異分野・異業界との架け橋となり融合を行い、製品やサービスをプロジェクトチームとして生み出す人材を指す。』

おお、何だかかっこいいですね(笑)

さらに読み進めてみると…。

『「ブリッジシステムエンジニア」はITと異分野・異業界の架け橋として、「異分野とITの融合」をチームとして行うことにより重点を置いている。また、プロジェクトチームが自然言語の違うグローバルなチームで構成される環境下においては、チームとしての生産性向上・品質確保を担保したデリバリを行うためのソリューションを展開しながら自然言語の壁を排して情報の橋渡しをすることが求められる。そのため、一般的なシステムエンジニアと比較して、ビジネス分析、交渉、スコープ&デリバリ、市場特性に合わせた自然言語の実践基礎能力がより要求される。』

おおお、いろいろスキルを求められていますね(笑)

と、ざっと引用してみましたが、ブリッジシステムエンジニアとは、外国人メンバーと外国語を駆使して協力しながら、製品やサービス開発・エンハンスするPM・エンジニアを指しています。

このブリッジシステムエンジニアという言葉自体は比較的新しい単語なので、もしかすると今後意味が変わってくるかもしれませんね。

ただ、Wikiの引用と比較しても、私がこれまで1年半携わってきた業務・役割によく当てはまっているなという印象です。

ブリッジエンジニアとして、プロジェクトに参画!

ここから私が携わってきた業務・役割について話を進めますが、私はこれまで2つのプロジェクトにブリッジシステムエンジニアとして参画してきました。
1つは去年1年弱参画していた、大手自動車メーカー向け基幹系業務システムの開発・導入プロジェクト(要件定義・基本設計)、
そしてもう1つは今年の夏から参画している、別の大手自動車メーカー向けBtoC向けアプリ開発のプロジェクト(要件定義・基本設計・開発・テスト)です。

どちらのプロジェクトも発注元は自動車メーカーの日本本社であり、直接は日本のベンダーに発注しているため、クライアントならびに私のチームメンバーは主に日本人で、日本語でやりとりをしてきました。ただ、開発の発注先は外国人チームとなるため。ここからコミュニケーションが英語となり、私の担当領域となります。
この一緒に働いてきた外国人チームについてさらに詳しく話すと、1つ目のプロジェクトではインドの開発ベンダーのインド人エンジニアたちと仕事をし、現在のプロジェクトではアメリカと中国の開発ベンダーとタッグを組んでいます。
インド人エンジニアたちはそのプロジェクト発足中は日本に滞在しており、直接口頭でコミュニケーションをとることが多かったのですが、今回のプロジェクトは COVID-19の影響で開発チームメンバーがアメリカまたは中国から移動できないため、メールやチャット、ビデオ会議ツールを使って、遠隔でコミュニケーションをとっています。

では、彼らと具体的にどのような業務を行ってきたか、についてですが、両方のプロジェクトで共通していた業務が非常に多く、以下が挙げられます。

・外国人メンバーがいる会議での英語でのファシリテーション
・日本語・英語の通訳
・英語での議事録作成
・英語でのメール・チャット
・日本語または英語でのドキュメント作成
・日本ベンダーチームでの要件定義・基本設計とそれ以降のフェーズの計画
・開発ベンダー側へプロジェクト状況・要望の英語での説明
・開発ベンダーとの英語での技術的な要件定義・基本設計とそれ以降のフェーズの計画
・開発ベンダー作成の成果物レビュー・英語でのフェードバック
・開発ベンダーの進捗・課題のクライアント・日本ベンダーチームへの日本語での報告
・IT知識のキャッチアップ (自習)

なんとなく、イメージが沸いたでしょうか?
主に外国人チーム・メンバーとの窓口としての業務も多いですが、普通のシステムエンジニアと同様に日本語での要件定義や基本設計も行っており、どちらの業務も刺激的で面白いなと思っています。

また、私の担当領域は上流工程が多いですが、担当工程によっては外国人エンジニアたちと一緒にコードを書くようなブリッジシステムエンジニアの方もいらっしゃるかと思います。

まとめると…

ただ、どの工程にせよ、これらの業務は外国語ができればいい!というものではありません。
先ほどのWikiからの引用にも書いてありましたが、ビジネス分析能力や交渉力だけでなく、プロジェクト調和能力、チームリード力など様々なスキルが必要となってきます。
また、そのスキルが足りなかったばっかりに私自身大変な状態に陥ったこともあります。

次回は、業務で私が個人的に大変だった話、またその経験から学んだブリッジシステムエンジニアに必要なスキルについて、お話しいたします。

次回もお楽しみに!

前回の記事こちらです。

オランダの大学のオフィス内の写真です。

Paving the way ―未経験から英語×ITを実践!―

はじめまして。私コスモルート東京本社に入社して1年4ヶ月程経つシステムエンジニアのAです。

私はコスモルートに入社して以来、英語でコミュニケーションをとりながら外国人たちと仕事を進めるブリッジシステムエンジニアとして各案件に参画しています。
もともとはIT未経験でしたが、コスモに入社し各案件に参画していく中で、業務系ブリッジSEとしての役割を果たせるようになってきました (もちろん、まだ至らないところもあるかとは思います^^;)。
そのため、これからお送りするコスモルートのブログでは、今までの私の業務経験やそれに関連する話を月1回のペースで投稿します!

記事の具体的な内容としては、

・実際にどういったシーンで英語が必要なのか
・業務中に英語コミュニケーションで苦労した話&どうのりこえたか
・業務と並行して英語力を研鑽することについて。TIPSなど
・これから英語を仕事の中で武器として使っていこうと考えている人へのメッセージ

といった仕事で必要な英語の話から、

・異文化コミュニケーション
 ・ハイコンテキスト/ローコンテキスト
 ・空気の読み方
  etc…
・国籍を超えて共通する、ヒトの性格の多様性

といった、育った環境が異なる人と協調しながら働くために知っておいた方がいいトピックを考えております。

また、これらの記事を読むにあたり、書き手はどんな人だろうと疑問に思うかと思いますので、私自身について簡略に自己紹介させてください。

私は日本生まれ日本育ちの生粋の日本人で、大学入学時点では英語は話せず、外国人との交流も全然ありませんでした。
ただ、大学生時代にオランダに1年弱交換留学し、英語の授業と大量のグループワーク課題をこなしながら何とか英語を話せる・聞き取れるようになったと共に、寮生活や課外活動を経て外国人の友達がたくさんできました。
この留学を機に異文化コミュニケーションに興味を持つようになり、有難いことに大学卒業後から今に至るまで様々な国籍の人とオフライン・オンラインで働く機会に恵まれてきました。
こうした職場環境の中で、どうすれば英語(特にスピーキングとリスニング)を上達させることができるのか、どうすれば育った環境が違う人たちと仲良くなれるのか、または協力しながら業務をこなしていけるかについてたくさん考え、時には書物やネットで調べながら今でも試行錯誤し奮闘しています。

このような経験をふまえ、私もまだまだ道半ばではありますが、仕事で外国人と英語でコミュニケーションをとることに苦労している人や、将来はグローバルな環境で働きたいと考えている人にとって役に立つような情報を、このブログで発信していけたらと思っています!

これからどうぞよろしくお願いいたします!

第2回目の記事こちらです。

オランダの上空からの景色