エンジニア目線で見たBizRobo!とUiPathとの違いについて

こんにちは。RPAソリューション部のOです。

私は以前ソフトウェア開発の会社でSEとして働いていて、今年の4月にコスモルートに入社しました。
前職ではUiPathを使った業務自動化案件に携わったことがあり、経理業務を自動化するための業務ヒアリングや開発、保守を行っておりました。
今回はコスモルートに入社してから学んだBizRobo!と前職で携わっていたUiPathの違いについて開発側の視点で3つお伝えします!

◆BizRobo!とUiPathのここが違う①

1つ目はロボットの処理の流れです。
BizRoboはロボットを作る際左から右に処理が行われます。
一方、UiPathは上から下に処理が行われます。
UiPathに限らず他のプログラム言語でも上から下に処理が流れるのが一般的なのでBizRobo!のフローは見にくいかなという印象を受けました。
また、BizRobo!では繰り返し処理が終わった後の処理を追加する場合、繰り返し処理の手前で枝分かれする必要があるのでこの辺りも最初は戸惑いました。

次の処理をそれぞれの開発環境で表すと次のようになります。
処理1→処理2→[処理3→処理4→処理5→処理3→処理4→処理5・・・]→処理6
※[]内は繰り返し

BizRobo!
UiPath

◆BizRobo!とUiPathのここが違う②

2つ目はWeb画面からのデータ抽出です。
どちらもWeb画面から文字等を抽出できるのですがBizRobo!は金額等のデータを数字として抽出することができます。
どういうことかと言いますと「10,000円」という文字を抽出するときにBizRobo!は「10000」として抽出することが可能です。(「10,000円」としても抽出可能です)
UiPathは「10,000円」としてしか抽出することができないため「10000」にするには抽出したあとに「,」と「円」を取り除く必要があります。
小さなことかもしれませんが数字だけ抽出したいというケースはよくあることなので便利だと感じています。

◆BizRobo!とUiPathのここが違う③

3つ目はExcelへの書き込み処理です。
BizRobo!では特定のセルから1つ右や1つ下など上下左右にずらしたりして書き込み処理を行うことができます。
UiPathは特定のセルから上下にずらしたりすることは可能なのですが、左右にずらすことができません。
この点はBizRobo!は便利だなと感じています。
ただし、UiPathは表形式のデータを一度の処理で書き込みすることが可能です。
BizRobo!は表形式のデータを一度に書き込みすることはできず、繰り返し処理を使う必要があります。
この辺りは作りたいロボットによると思うので書き込み処理については一長一短ですね。

以上が私が感じたBizRobo!とUiPathの違いです。
上記以外にも違いはまだまだあると思いますがどちらもRPAツールとして使いやすさもありますし便利だと思います。
弊社ではBizRobo!だけではなくUiPathの技術サポートも可能ですのでお気軽にご相談くださいね。

BizRobo!の導入や教育のサポートについて気になる方は下記からお問合せください。
https://www.cosmoroot.co.jp/support/bizrobo/